| いちご(国産)いちご(輸入)その他のベリー  


 ■ いちご(国産)
入荷期:
少ない
多い



→拡大写真
品種: とちおとめ(栃乙女)
産地:

栃木県・愛知県・茨城県 他 関東一円

特徴: 円錐形で糖度が高く、生食用に向く事でヒットした。
向こう10年はとちおとめの全盛期になるだろう。


→拡大写真
品種: さがほのか(佐賀ほのか)
産地: 佐賀県
特徴: 佐賀県がロイヤリティーを保持して特産品に育てている。 形状も良く綺麗ないちご。


→拡大写真
品種: べにほっぺ(紅ほっぺ)
産地:

静岡県、愛知県

特徴: 鮮赤色で果肉中心部まで赤みがありカット面も美しい。
甘みは強く、酸味も程よい為、バランスのとれた味にコクがあるいちご。
最盛期グラフ


→拡大写真
品種: あまおう(甘王)
産地: 福岡県
特徴: “あかい、まるい、おおきい、うまい”の頭文字をとり、また“甘い王様”の意味もある 「あまおう」。
大変人気がある品種で、主に東京市場に出荷されている品種である。



→拡大写真
品種: ゆめのか
産地: 愛知県
特徴: 愛知県が育成した新品種。円錐形で、大きな粒が揃う。果皮は明紅色で、硬く痛みにくい。
ジューシーな食感。適度な甘さと酸味がある為、すっきりしたさわやかな食味。
最盛期グラフ



→拡大写真
品種: けんたろう  
産地: 北海道 江差、乙部、上ノ国、熊石 地区
特徴: 一季成の晩成種で、夏の四季成系いちごのシーズンの前に生産される。
果皮色は鮮紅色で色むらが少ない。果形は円錐形で堅く、味が強い良食味品種。
収穫量はやや劣るが、大果で上物が多いのが特徴。
けんたろう 最盛期グラフ



→拡大写真
品種: 尾瀬はるか
産地: 群馬県 沼田、谷川、尾瀬地区
特徴: 高冷地生産なので4月中旬〜6月下旬に生産される。糖度がある割りには堅 くキレイな表皮だが色はオレンジ系の赤が特徴。いわゆる白ロウになり易いのが欠点。



品種: ワサ
産地: 秋田県
特徴: アメリカ種の混じった遅出しの品種。小粒が多く色が浅く酸が強いので暑さに強い。



品種: 北の輝
産地: 秋田県・群馬県・岩手県
特徴: 四季成りが混じった夏型品種。色が黒ずんだ赤が特徴。遅出し品種の一つ。


→拡大写真
品種: 夏実
産地: 北海道・長野県・愛知県 ・岐阜県
特徴: 四季成種の代表品種。表皮が堅く光沢があり綺麗で香りもよく夏のいちごではNo.1だが、平均的サイズが小さいのが生産者の悩み。小粒の品質は大玉より良い。


→拡大写真
品種: サマープリンセス
産地: 長野県
特徴: 果肉がやや柔らかいが、形と色つやが良く、中粒で平均しているのが特徴の四季成種。
長野県が開発した県独占の品種 。

→拡大写真
品種: 夏娘
産地: 北海道
特徴: 四季成種では現在最大の作付面積を持つが、表皮の色が斑で光沢が少なく 軟らかいのが欠点。糖度は高い。


©Copyright 2003 JAPAN FRAISE CO.,LTD